産毛が抜けるのを止めたい場合の対処法とは?

産毛が抜けるのを止めたい場合の対処法とは?

産毛が抜けるのを止めたい場合の対処法とは?

抜け毛急増中

男性型脱毛症になる時は前兆現象があるから、見落とさないようにして早めに手を打てば今の世の中では相当の予防が出来るんだ。最初に気が付くのは何となく前髪が少なくなって淋しいところから始まり、頭皮が赤みがかって固くなったり、細くて短い毛髪が抜け始めたら、相当進行していると思ったほうがいいだろう。

 

正常なヘアサイクルをしている人の毛髪は、成長して抜けるまでに4年から6年掛かるので、その間に太くなり長さも数十センチまで伸びるから散髪する。ところがこのヘアサイクルが、身体の調子やホルモンの分泌によって狂ってくると、短いサイクルでしっかりと育っていない細い短い毛髪が抜けることになるんだ。

 

つまり男性型脱毛症の典型的な症状の産毛が抜ける状態となり、頭に残る毛髪が少なくなる訳なんだよ。科学の発達のおかげで、昔ハゲは遺伝性で諦める他ないと思われていたものが、1980年代にはミノキシジルが、また1990年代にはフィナステリドがFDA(アメリカ食品医薬品局)に男性型脱毛症の治療薬として承認された。

 

使ってみると確かに効果があるので、現在では世界の数十ヶ国で1,000万人以上の人使用するほどになっている。ミノキシジルは末梢血管を拡げ、隅々までを血行をよくする他、毛を濃くする作用があり、フィナステリドは脱毛を促進する男性ホルモンの機能を阻止する作用があって、この二つの治療薬は機能が全く異なるので、併用すれば効果が大きくなることもある。

 

だから産毛が抜ける状態になった時は、出来るだけ早い時期に医師に相談すれば、男性型脱毛症を治せることもあるんだ。もちろん治療のためには適切な運動を行ない、また毛髪を育てる栄養分を摂るなどして生活の状態を変化させると共に、脱毛症の治療薬を医師の指示に従って適切に使用する努力もしなくちゃいけないけど、相当効果がみられるようだよ。30年以前には諦めていた脱毛症が治癒されるなんて、科学の発達は偉大なものだと思わないかい。


※自宅でケアしたい君は⇒育毛剤ランキング

順位

病院

月最低治療費

院数

メソセラピー

初診料

返金保証

モニター

銀クリ

6,500円〜

1

18,000円〜

3,000円

なし

なし

AGAスキン

4,200円〜

25

70,000円〜

5,000円

なし

あり

TOM

7,000円〜

2

30,000円〜

3,000円

あり

あり

湘南美容外科

4,200円〜

16

80,000円〜

無料

あり

あり

聖心毛髪

9,500円〜

9

55,000円〜

無料

なし

あり

※価格は税別表記