AGA治療にかかる費用の内訳とは?

AGA治療にかかる費用の内訳とは?

AGA治療にかかる費用の内訳とは?

若ハゲの男性

残念だけどAGAが発症してしまった時には、大きく分けると3つのケースが考えられるね。1つは、諦めて放置してしまうケース、もう1つは育毛剤などを使ってセルフケアをしていくケース、最後に病院やクリニックなどの医療機関で治療するケースの3つだね。ここでは病院やクリニックなど医療機関を利用して、AGAを治療する場合の費用などについて書いていこう。

 

AGAの治療だと最も代表的な方法は飲む育毛剤とも呼ばれるプロペシアを服用する方法だね。このプロペシア、元々は前立腺肥大や前立腺ガンなどの治療薬として開発されていたんだけど、臨床試験の段階で副作用として育毛の効果が見られたことから、育毛の効果があるとして開発され直した経緯があるんだ。現在のところ、日本で唯一認可されているAGAの治療薬であることから皮膚科やAGA専門のクリニックなどでも良く使われる医薬品だね。プロペシアは医療用の医薬品になるので、医師の診察と処方がなければ原則として購入することは出来ないんだ。

 

そして、覚えておきたいのはプロペシアは健康保険の適用外だと言うこと。健康保険の適用外ということは、治療費は全額自腹負担になるんだ。自由診療になるので、病院やクリニックによって多少の価格変動があることは覚えておくと良いね。

 

ちなみにプロペシアの薬代だけど、毎日1錠の服用で28日分が処方されるのが一般的で、およそ7,500円程度になることが多いよ。副作用などの出方にもよるのだけど、6ヶ月以上は飲み続けることになるので、最低でも45,000円程度はかかると見ておくと良いだろう。他にも、診察費用などが必要になることもあるけれど、AGA専門のクリニックなどでは診察費用はなしだけど、院内にある薬局でプロペシアを購入する形で代金を支払うケースもあるんだ。

 

プロペシアの費用をもっと抑えたい人はジェネリックはないのと考えるだろう。実はプロペシアにはジェネリック医薬品があるのだけど、日本では認可されていないので、正規に入手することは出来ないんだ。

 

でも、海外から個人輸入をすることでジェネリック医薬品や海外で販売されているプロペシアを購入することはできるんだよね。ただ個人輸入に関しては偽物が多く販売されていることもあるし、副作用など万が一のことがあってもすべては自己責任になるので、基本的にはクリニックなど正規ルートでの入手をすることをお勧めしておくよ。


※自宅でケアしたい君は⇒育毛剤ランキング

順位

病院

月最低治療費

院数

メソセラピー

初診料

返金保証

モニター

銀クリ

6,500円〜

1

18,000円〜

3,000円

なし

なし

AGAスキン

4,200円〜

25

70,000円〜

5,000円

なし

あり

TOM

7,000円〜

2

30,000円〜

3,000円

あり

あり

湘南美容外科

4,200円〜

16

80,000円〜

無料

あり

あり

聖心毛髪

9,500円〜

9

55,000円〜

無料

なし

あり

※価格は税別表記