石油系合成界面活性剤の成分や危険性

石油系合成界面活性剤の成分や危険性

石油系合成界面活性剤の成分や危険性

シャンプーする男性

AGA治療に重要なのがシャンプー選びと言われている。普通にドラッグストアで安価で売っているものは、石油系合成界面活性剤が使われているというのを君は知っているかな。石油系合成界面活性剤というのは、水と油を合わせる乳化作用がある成分で、水と油がうまく混ざり合うことで汚れをしっかり落とせるんだ。石油系合成界面活性剤は安価で使いやすいから、シャンプーを始めとして色々な洗剤に使われているんだけど、石油系合成界面活性剤は人体に有害な影響を与えるらしいよ

 

石油系合成界面活性剤の入ったシャンプーは強い洗浄力があるけど、頭皮には刺激が強すぎて洗浄力も強すぎるんだ。必要な皮脂まで取りすぎてしまうと、頭皮を乾燥させないように余計に皮脂が分泌されてしまって、頭皮が脂っぽくなることもあるんだよね。1回2回使ったくらいで影響があるわけではないけれど、長年使っていれば影響出てくると考えられているんだ。

 

年をとるごとに少しずつ頭皮環境が悪くなってくるのもわかるんじゃないかな。石油系合成界面活性剤の毒性は、抜け毛が増える原因のひとつと考えられているらしいよ。しかも、石油系合成界面活性剤は浸透力が高くて、成分が皮膚から血管に入り全身に廻るとも言われている。だから頭皮に影響を与えるだけでなく、味覚を壊したり、内臓障害や皮膚障害を起こす可能性もあるんだ。育毛のためだけでなく、健康を考えてもシャンプー選びは重要なのさ。

 

石油系合成界面活性剤を使ったシャンプーはリーズナブルだし、ドラッグストアでも買えるからついつい選んでしまうけど、良く選んで買うことをおすすめするよ。ラウリル硫酸Na、ラウレル硫酸Naなどが代表的な石油系合成界面活性剤だから成分表を良く見てシャンプーを選ぶといい。おすすめはアミノ酸系シャンプーなんだけど、注意してほしいのがアミノ酸系として販売していても石油系合成界面活性剤が使われているものがあることなんだよね。成分表をちゃんとチェックして買うことをおすすめするよ。


※自宅でケアしたい君は⇒育毛剤ランキング

順位

病院

月最低治療費

院数

メソセラピー

初診料

返金保証

モニター

銀クリ

6,500円〜

1

18,000円〜

3,000円

なし

なし

AGAスキン

4,200円〜

25

70,000円〜

5,000円

なし

あり

TOM

7,000円〜

2

30,000円〜

3,000円

あり

あり

湘南美容外科

4,200円〜

16

80,000円〜

無料

あり

あり

聖心毛髪

9,500円〜

9

55,000円〜

無料

なし

あり

※価格は税別表記