M字ハゲは治療が難しいと言われる理由は?

M字ハゲは治療が難しいと言われる理由は?

M字ハゲは治療が難しいと言われる理由は?

M字ハゲ

男性の薄毛のほとんどが男性型脱毛症であるAGAになるんだけど、このAGAにはおよそ3つのパターンがあるんだ。1つは、頭頂部の部分から抜け毛が増えていき、周辺部分に進行していくケース、2つめはおでこの生え際が後退していくケース、3つめは1つめと2つめが同時に進行していくケースだね。ここでは、2つめのおでこの生え際が後退していくケースについて書いていこう。

 

おでこの生え際が後退していくケースは一般的にはM字ハゲと呼ばれる症状のことになるんだけど、このM字ハゲは治療が難しいとかつては言われていたんだ。何故、M字ハゲの治療が難しいのかと言うと、いくつかの原因があるんだけど、その前にAGAの治療方法について確認しておこう。AGAの脱毛のメカニズムに関しては、男性ホルモンが多大な影響を及ぼしているんだ。

 

男性ホルモンの1つであるテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素と結びつくことで、ジヒドロテストステロンに変化してしまう。このジヒドロテストステロンが毛髪の成長を阻害して、抜け毛を増えやしてしまうのがAGAの原因になるんだ。

 

このことから、AGAの治療にはプロペシアと言う飲み薬が唯一の医薬品として、日本では販売されていて多くの人が利用しているね。M字ハゲにこのプロペシアに効果が出にくいと言うのは大きく分けると3つの理由があると言えるんだ。

 

1つは、額の生え際とはジヒドロテストステロンの効果が強い場所として知られているんだけど、服用するタイプのプロペシアでは脱毛部分だけに的確に効果を発揮することが難しいんだよね。また、2つめの理由としてあるんだけど、額の部分は血流が流れにくい頭皮の中でもさらに流れにくい部分でもあるということも大きいね。血流が流れにくい場所だからこそ、プロペシアの有効成分が患部にとどきにくいとも言えるからだ。

 

最後に、AGAの治療薬として代表的なプロペシアだけど、このプロペシアには育毛をする効果はあっても発毛を促す効果がないんだ。だから、抜けてしまった毛髪を再生させる効果はほとんどなく、いまある髪の毛を強くする効果があると考えておくと良いね。

 

でもM字ハゲが治療できないわけではないよ。おいらも実際に銀クリでM字ハゲの治療に取り組んで効果を実感しているからね。プロペシアで脱毛原因を抑制して、そこにプラスしてミノキシジルで発毛促進したり、育毛メソセラピーで成長因子を注入したり、こういった複合的な治療がM字ハゲの発毛を促すんだよ。M字ハゲは治療が無理って言われていたのは一昔前の話だね。


※自宅でケアしたい君は⇒育毛剤ランキング

順位

病院

月最低治療費

院数

メソセラピー

初診料

返金保証

モニター

銀クリ

6,500円〜

1

18,000円〜

3,000円

なし

なし

AGAスキン

4,200円〜

25

70,000円〜

5,000円

なし

あり

TOM

7,000円〜

2

30,000円〜

3,000円

あり

あり

湘南美容外科

4,200円〜

16

80,000円〜

無料

あり

あり

聖心毛髪

9,500円〜

9

55,000円〜

無料

なし

あり

※価格は税別表記