AGA検査のCAGとGGCとは?

AGA検査のCAGとGGCとは?

AGA検査のCAGとGGCとは?

AGA検査

最近、抜け毛が気になると言う人は、AGA、男性型脱毛症であるかどうかを心配することも多いだろう。このAGAなんだけど、実は検査によってAGAかどうかを調べることが出来るようになっているんだ。AGAによる脱毛の原因とは、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことでジヒドロテストステロンとなり、毛髪の成長を阻害することで症状が進んでいくことになるね。

 

もう少し詳しく言うと、ジヒドロテストステロンが男性ホルモンのレセプターであるアンドロゲン受容体と結合することで症状を発症してしまうことになるんだ。つまり、AGAかどうかと言うのは、アンドロゲン受容体とジヒドロテストステロンがどのくらい感受性があるのかで決まってくると言えるね。このジヒドロテストステロンとアンドロゲン受容体と結合する感受性は遺伝によって差違があるとされていることが、AGAの発症原因は遺伝であるとされる理由なんだ。

 

この遺伝子なんだけど、毛乳頭細胞の中にあるX染色体の中に存在しており、アンドロゲンレセプター遺伝子、AR遺伝子と呼ばれているんだ。このAR遺伝子には、シトシン、アデニン、グアニン、といったDNA延期が規則正しく並んでいることから頭文字をとってCAGリピートと呼ばれているね。このCAGリピートの回数が高いか低いかによって、男性ホルモンの感受性が高いか低いかを判別するのがAGA検査になるんだ。

 

一般的にCAGリピートは8回〜35回程度繰り返しているものなんだけど、25回程度を基準値にしていて、これより高ければ感受性が高いと判断されて、反対に低ければ感受性が低いとされている。CAGリピートの基準値が高ければ高いほどAGAになりやすいという検査結果になることを覚えておこう。

 

検査によってわかる数値としてはGGCリピートといった繰り返しの配列も存在していて、CAGリピートとGGCリピートの回数を合計することによって若年期にAGAになりやすいかどうかを判定することも可能なんだ。ちなみに基準値としては、合計で38前後となっており、これよりも数値が高いと早期にAGAを発症するリスクが高いと言えるね。


※自宅でケアしたい君は⇒育毛剤ランキング

順位

病院

月最低治療費

院数

メソセラピー

初診料

返金保証

モニター

銀クリ

6,500円〜

1

18,000円〜

3,000円

なし

なし

AGAスキン

4,200円〜

25

70,000円〜

5,000円

なし

あり

TOM

7,000円〜

2

30,000円〜

3,000円

あり

あり

湘南美容外科

4,200円〜

16

80,000円〜

無料

あり

あり

聖心毛髪

9,500円〜

9

55,000円〜

無料

なし

あり

※価格は税別表記