髪が細い人はAGAになりやすい?

髪の毛が細いとAGAになりやすいと言われてるよね。この噂は本当かどうかということなんだけど、基本的に毛髪の太さにも先天的な原因と、後天的な原因があるんだ。髪の毛が細いと量が少なくなくても薄く見られてしまうし、髪型にもボリュームが出せないから、コンプレックスにしている人も少なくないよね。基本的に髪の毛の太さとは、毛穴以上には太くならないものなので、先天的に毛穴が小さいといったケースでは仕方ないものだと言える。

 

後天的な毛髪の細さに関して、先ず知っておきたいことなんだけど、髪の毛の太さっていうのは変化していくものだと言うこと。髪の毛の太さを決める要素としては、髪の毛に含まれるコルテックスという成分なんだ。このコルテックスなんだけど、男性なら20代の後半あたりから少しずつ減少していくことになり、加齢とともに髪の毛は細くなっていくんだ

 

つまり、年齢を重ねることで髪の毛が細くなると言うのは自然なことだと言っても良いね。もう1つ、髪の毛の太さは髪の毛に十分に栄養が行き渡っていないケースが考えられるんだ。髪の毛と言うのは、人間の身体にとって優先順位が低い部分だから、血液中の酸素や栄養素が運ばれるのも最後なんだよね。このことから体内の栄養素が不足していると、重要な臓器や脳に優先的に運ばれてしまって、なかなか毛髪にまで栄養が回らなくなってしまう。

 

ヘアサイクル(毛周期)の図

結果、髪の毛がやせ細ってしまうということもあるんだ。他にも、髪の毛が細くなる原因としては、頭皮の環境が悪化したりするなどの理由からヘアサイクルが乱れてしまうってこともある。ヘアサイクルとは、髪の毛が成長して抜けていくまでのサイクルのことで、成長期、退行期、休止期の3つを繰り返して髪の毛は成長していくんだ。このヘアサイクルが乱れてしまって、成長期が短くなると髪の毛は十分に成長せずに細くなっていくんだ。

 

髪が細いとAGAになりやすいかどうかに関しては、髪の毛がどんな理由で細くなっているのかと言うことで決まってくる。特に上であげたケースだと最後のケース、ヘアサイクルが乱れているのは頭皮の環境が悪化するのと、男性の場合は男性ホルモンの影響によってヘアサイクルが乱れることがあるんだ。これがAGAの脱毛原因そのものだから、髪の毛が細いからAGAになるかどうかよりも、AGAだから髪が細くなるといった見方をすることが出来るんだよね。


※自宅でケアしたい君は⇒育毛剤ランキング

順位

病院

月最低治療費

院数

メソセラピー

初診料

返金保証

モニター

銀クリ

6,500円〜

1

18,000円〜

3,000円

なし

なし

AGAスキン

4,200円〜

25

70,000円〜

5,000円

なし

あり

TOM

7,000円〜

2

30,000円〜

3,000円

あり

あり

湘南美容外科

4,200円〜

16

80,000円〜

無料

あり

あり

聖心毛髪

9,500円〜

9

55,000円〜

無料

なし

あり

※価格は税別表記