女性ホルモン入り育毛剤の被害

女性ホルモン入り育毛剤の被害

女性ホルモン入り育毛剤の被害

近年では育毛にかかわる研究が進展したことで、脱毛症を改善するための様々な成分が発見されるようになった。テレビ広告では病院で治療が受けられるAGAについて見かけることも多くなったし、それ以外にも巷では様々なタイプの育毛剤が販売されているんだ。

 

ただ数多くある薬剤の中には、育毛効果がないどころか逆に副作用として健康被害が生じる物もあるので、購入をする前にまずは配合されている成分についてや効果などを、自分自身で調べることが大切になんだ。

 

特に気をつけたいのは女性ホルモン入り育毛剤を使用していた場合で、全国的に健康被害が多く寄せられているから、すぐに使用を止めて廃棄することをお勧めするよ。

 

そもそも女性ホルモンとは女性の体内で多く生成されるホルモンで、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのゲスターゲンの2種類が存在する。

 

この女性ホルモンと発毛には大きな関係性があって、女性は月経や妊娠した際に体内のホルモン分泌に乱れがあることで脱毛することがあり、そうした時にはホルモン剤の注射や薬剤を服用してバランスを整えることで、再び発毛することがあるんだ。

 

また女性は年齢と共にホルモン分泌が減少することから、ホルモンもしくはホルモン様の成分が配合されたサプリや薬剤などを利用することもある。薄毛に対して効果がある女性ホルモン入り育毛剤があるのも、その効果を期待してなんだよ。

 

でも男性が使用した場合には副作用が発生するから、様々な健康被害報告につながっているんだね。ホルモンは元より体内で作られるものだから、女性ホルモン入り育毛剤を使用した場合には不用意に取り込むことになり、体内のホルモンバランスをかき乱す要因になるんだ。

 

ホルモンバランスの乱れは毛髪の健康的な生育に悪影響を及ぼすから、せっかくの女性ホルモン入り育毛剤も育毛どころか脱毛を促す要因になってしまう。だから君が万が一にも使っているんだったら、すぐに使用を注視して病院で相談した方がいいよ。


※自宅でケアしたい君は⇒育毛剤ランキング

順位

病院

月最低治療費

院数

メソセラピー

初診料

返金保証

モニター

銀クリ

6,500円〜

1

18,000円〜

3,000円

なし

なし

AGAスキン

4,200円〜

25

70,000円〜

5,000円

なし

あり

TOM

7,000円〜

2

30,000円〜

3,000円

あり

あり

湘南美容外科

4,200円〜

16

80,000円〜

無料

あり

あり

聖心毛髪

9,500円〜

9

55,000円〜

無料

なし

あり

※価格は税別表記