自毛植毛のメリットデメリット、危険性など

自毛植毛のメリットデメリット、危険性など

自毛植毛のメリットデメリット、危険性など

薄毛で悩んでいる人は、それぞれに薄毛の対策をしていると言ってもよいかもしれないね。育毛剤や育毛シャンプーなんかを使ってセルフケアをしている人も多いだろうし、プロペシアを利用している人も多いだろう。

 

しかし、なかなか効果が出ないというような人の場合は、植毛を検討するのも1つの手だと言えるんだ。植毛とは文字通りに毛を頭皮に植えることで、毛髪を増やす方法のことだね。植毛と言っても、人工の毛髪を使った人工植毛と、自分の毛髪を使った自毛植毛の2つの種類がある。

 

この内、どちらがより自然に見えるのかと言えば、やはり自分の毛髪を使った自毛植毛になるんだ。ここでは、自毛植毛におけるメリットやデメリット、危険性などについて書いていこう。

 

基本的に自毛植毛が人気なのは、術後の仕上がりが自然であるということの他にも、うまく定着するとその後は自分の髪の毛を取り戻すことができるといったことにあるんだ。自毛を移植することによって、もともとそこに生えていた髪の毛であるかのように髪の毛は伸びていくから、ウィッグなどをつけた場合と違って自分の髪の毛で色んなヘアスタイルを楽しむことができるんだ。

 

現在のところ、自毛植毛を行うことによって移植した毛髪が定着する確率は、マイクログラフト法で行った場合は9割以上だとされているから、かなりの高確率だと言えるね。人工植毛に比較すると、自毛であることから拒絶反応などが起こる心配もなく、術後にメンテナンスが不要であることも大きなメリットだね。

 

反対にデメリットなんだけど、まず自毛植毛の場合は現在残っている毛髪がなければ移植することが出来ないことがあるんだ。つまり、移植できる毛髪量に限りがある場合だとすべての箇所に移植することは不可能だと考えておくと良いだろう。

 

また、植毛を行う密度によって定着する率が異なってくることもあるので、1度に移植することのできる量にも限界があることも覚えておきたいね。他にも、移植するために自毛を採取することになるので、傷跡が頭皮に残ってしまうこともあるんだ。

 

危険性としては、自毛植毛を行った後に、知覚麻痺が起こることもあるので、気をつけておこう。しかし、知覚麻痺が起こってしまっても術後3ヶ月程度で回復することがほとんどだね。⇒自毛植毛のお勧めクリニックはこちら


※自宅でケアしたい君は⇒育毛剤ランキング

順位

病院

月最低治療費

院数

メソセラピー

初診料

返金保証

モニター

銀クリ

6,500円〜

1

18,000円〜

3,000円

なし

なし

AGAスキン

4,200円〜

25

70,000円〜

5,000円

なし

あり

TOM

7,000円〜

2

30,000円〜

3,000円

あり

あり

湘南美容外科

4,200円〜

16

80,000円〜

無料

あり

あり

聖心毛髪

9,500円〜

9

55,000円〜

無料

なし

あり

※価格は税別表記