日本皮膚科学会の脱毛症ガイドラインとは?

日本皮膚科学会の脱毛症ガイドラインとは?

日本皮膚科学会の脱毛症ガイドラインとは?

脱毛症と一口に言っても様々なものがあるんだ。代表的なのは円形脱毛症なんかがあるよね。男性の薄毛のほとんどを占めるAGAも日本語にすると男性型脱毛症というのものになるんだ。この脱毛症について日本皮膚科学会がガイドラインを出しているので紹介してみよう。

 

日本皮膚科学会と言うのは、皮膚に関しての研究や講演会などを行っている組織であり、皮膚科学の発展に貢献することを目的とした社団法人のことで、解りやすく言うと日本の皮膚科を束ねるボス的な存在だと考えて良いね。

 

この日本皮膚科学会が出しているガイドラインなんだけど、ガイドラインというと言わばルールみたいなものだね。脱毛症に関するガイドラインがこれまでなかったことから、2010年に男性型脱毛症のガイドラインが発表された時には話題になったんだ。このガイドラインに書かれていることはどんなものかと言うと、どんな薬やどんな施術が男性型脱毛症に有効なのかといったものが書かれていたんだ。

 

日本皮膚科学会によるガイドラインなんだけど、評価は5段階となっていて最も効果的なのはA、次にB、C1、C2、Dとなっているね。このガイドラインによってA評価を受けているのが、フィナステリドとミノキシジルだよ。フィナステリドと言うのは、男性型脱毛症の代表的な治療薬であるプロペシアの有効成分のことだね。

 

もう1つのミノキシジルも有名な成分なので知っている人も多いんじゃないだろうか。簡単に説明しておくと、フィナステリドとはテストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのを抑制する効果を持っていて、男性型脱毛症にとっては効果的だとされているんだ。

 

ただし、フィナステリドには失われた毛髪そのものを再生させるという効果はないから、今ある毛髪を育毛する効果があると考えて良いね。対するミノキシジルだけど、日本では医療用の医薬品認可はされていないけれどアメリカなどでは認可されている成分だね。

 

頭皮下の毛細血管を拡張して血流を促進する効果があり、毛母細胞や毛乳頭に栄養や酸素を行き渡らせる効果があるので、発毛効果を期待することができるんだ。現在では、プロペシアで今ある毛髪の抜け毛を防いで、ミノキシジルを使って失った毛髪を再生するといった1度に2つの有効成分を使って治療をしていくことが代表的だと言えるね。


※自宅でケアしたい君は⇒育毛剤ランキング

順位

病院

月最低治療費

院数

メソセラピー

初診料

返金保証

モニター

銀クリ

6,500円〜

1

18,000円〜

3,000円

なし

なし

AGAスキン

4,200円〜

25

70,000円〜

5,000円

なし

あり

TOM

7,000円〜

2

30,000円〜

3,000円

あり

あり

湘南美容外科

4,200円〜

16

80,000円〜

無料

あり

あり

聖心毛髪

9,500円〜

9

55,000円〜

無料

なし

あり

※価格は税別表記