育毛剤はドーピング検査に引っかかる?

育毛剤はドーピング検査に引っかかる?

育毛剤はドーピング検査に引っかかる?

スポーツ選手

スポーツ選手はオリンピックをはじめとした大きな大会に出場する場合には、必ずドーピング検査を受けることになる。人間の体に強く影響する薬物を使用し、その人の運動能力を向上させて良い結果を残すのは不正行為とみなされるから、競技前に検査を実施しているんだ。ドーピング検査で違反とみなされる薬物の種類は、興奮させて疲労感を抑える効果があるカフェインやエフェドリンなどが有名だね。

 

だから風邪をひいて風邪薬を飲んでいた選手が、検査に引っかかった話は珍しくないんだ。他にも色々な薬物が違反薬物に指定されているけど、育毛剤に使用されている成分も実は含まれている。せっかく大会に向けて練習を積み重ねていたのに、何気なく使っていた育毛剤のせいで大会に出場できないとなれば本当にもったいない話だから注意しよう。

 

飲む育毛剤として有名なフィナステリド(プロペシア)はAGAの治療薬として活用されている。髪の毛の悩みを抱えているスポーツ選手も、治療目的で服用していた人がいたんだ。本来の目的としてはAGAの原因になるジヒドロテストステロンの生成に関わる酵素の、5αリダクターゼの働きを阻害する目的で服用する医薬品だけど、男性ホルモンに作用して筋肉増強剤を使った痕跡を隠す働きももたらすことから、ドーピング剤の一種とみなされたことがあったんだ。

 

選手の中にはドーピング検査でフィナステリドが検出されて、出場停止処分が下された人も存在しているんだよ。現在はフィナステリドを活用したAGA治療が世界的にも浸透してきたことや、フィナステリドで隠そうとしても筋肉増強剤の検出が可能になった背景を受けて、ドーピング剤のリストからは除外されている。

 

フィナステリドに限らず、頭皮に塗る育毛剤を使用しているスポーツ選手はドーピング剤としてみなされる成分が配合されている可能性も高いから、十分注意した方がいいよね。育毛剤に配合されている成分はたくさんあるから、具体的にどの成分が該当する可能性があるか、大会参加前に確認する必要があると言える。自分で判断できない場合は医師や薬剤師に相談してみよう。


※自宅でケアしたい君は⇒育毛剤ランキング

順位

病院

月最低治療費

院数

メソセラピー

初診料

返金保証

モニター

銀クリ

6,500円〜

1

18,000円〜

3,000円

なし

なし

AGAスキン

4,200円〜

25

70,000円〜

5,000円

なし

あり

TOM

7,000円〜

2

30,000円〜

3,000円

あり

あり

湘南美容外科

4,200円〜

16

80,000円〜

無料

あり

あり

聖心毛髪

9,500円〜

9

55,000円〜

無料

なし

あり

※価格は税別表記